[京都]

September 27, 2008

夏の風物詩

鴨川納涼床


5月頃から9月の末頃まで
京都の鴨川では木材で足場を組んだ「床」というものが登場する。
川の流れの上で涼みながら料理や談話を楽しむ。
まさに京都の夏には欠かせない一つの景色だ。

貴船の方は特に涼しさが
市街地に比べると5度前後は違うはずで、
高温多湿の京都ではまさに極楽といった感じ。

いつかこんなところで優雅に過ごす大人になりたい(笑)。



[Tokina24mmF2.8]

vespertide at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

September 26, 2008

鹿ヶ谷南瓜と加茂茄子と伏見唐辛子

京野菜カレー


京野菜は旨いが高い。
そして気軽に食べる場所がほとんどない。

そんなところへこんな店が。


京野菜カレー 大多安

11:00~21:00
京都市東山区祇園町南側八坂神社石段下南下ル

☆メニュー
・京野菜カレー
・牛肉カレー
・生麩カレー
・豆腐カレー
・魚カレー
・丹波つくねいもカレー
など


場所は上記の通り、
八坂神社(四条東大路)を南に下ると道沿いにある。
京都駅からバスで行くなら206番で”祇園”下車。


観光地に近いので週末昼時は多少混雑するらしいが、
カレー屋なので客の回転は案外と早く並んでもすぐ入れるらしい。
私は平日の夕暮れ時に訪れたので誰もいなかった。


写真は「京野菜カレー」。

季節ごとに旬な京野菜を使うためか、
他のサイトで見る価格(850円)とは違っていた。
単純に値上げしたのかもしれないが、
私が食べたのはカレーとしては高めの1,150円。

しかし。

今、京野菜は何が旬かというと「加茂茄子」と「鹿ヶ谷南瓜」だ。

京野菜の中でも特に味が濃くて
きっとカレーの中に入れても引き立つ具材。

まぁ高くても食べる価値はあると思い注文した。


カレー自体は少し甘い感じがする中辛。

そんなことより(笑)注目はやはり京野菜だ。

上記二つに「伏見唐辛子」を加えた
この野菜たちの味わいと言ったら。

ぜっぴん!


久しぶりにニヤついてしまう野菜のうまみ。
加茂茄子の田楽食べたくなった!


ちなみにご飯は五穀米を使っている。
そしててんかすの小瓶がついており、
カレーに少し入れて食べるといいとのこと。




京野菜について店長を話をしていると
現在開発中の新メニュー(デザート)を試食させてもらえた。
キワモノを目指すか、
順当な喫茶メニューとするか。
現在試行錯誤中なので
今度訪れた時できあがっているのか楽しみだ。


その時は生麩カレーか魚(鱧(ハモ)のてんぷら入り)カレーか。



[Tokina24mmF2.8]

vespertide at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

September 25, 2008

鹿ヶ谷南瓜

鹿ヶ谷南瓜


京野菜の鹿ヶ谷南瓜。
終わりを迎える加茂茄子と合わせて
とっても美味しい季節がやってきた。

高いが、うみゃい!



[Tokina24mmF2.8]

vespertide at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

September 24, 2008

加茂と鴨

加茂鴨の川


用事があって京都へ行ってきた。
自転車に乗って出町柳商店街の「出町ふたば」で豆餅を買い、
そのまま東へ行くとこの中州にたどりつく。

ここで北東の高野川と北西の加茂川が合流し、
京都でもっとも有名な鴨川となり大阪方面へと伸びていく。

ここ数年でこの中州も幾分か変わった。
あんな小川もでてちゃってるし。


ところで「出町ふたば」の豆餅。
味が変わった気がする。
甘味に豆の塩がほんのりきいていたのが美味しかったのだけど、
今回食べたのは塩味が足りない。
なんかただの豆大福になってしまった感じがして残念な気がした。



[Tokina24mmF2.8]

vespertide at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)