GX7

October 11, 2013

「ここにいます」

ここにいます
DMC-GX7 with Voigtlander Nokton 25mm F0.95

GX7のシャッタースピードは最速で1/8,000秒だ。
この速度があるおかげで、ノクトンF0.95という開放に一つ余裕ができる。
できればND4くらいの減光フィルターを使った方がよさそうではあるけれど、
GX7とノクトンの組み合わせは非常に満足感がある。


vespertide at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

October 10, 2013

「私は私で」

私は私で
DMC-GX7 with Voigtlander Nokton 25mm F0.95

可動式の背面液晶は便利だ。
今までなかったこの利点はローアングルからの撮影を楽にするだけではなくて、
二眼レフカメラみたいに、ミゾオチ前にカメラを構えて撮影することも可能にする。
このスタイルが好きなので、可動式液晶は非常に好ましい。


vespertide at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

October 09, 2013

「夜に浮かぶ」

夜に浮かぶ 夜に浮かぶ
DMC-GX7 with Voigtlander Nokton 25mm F0.95

F2.0〜4.0くらいがちょうどいい。
ふんわり0.95だと被写体、構図をもっと違うものにして、それを活かす形を見つけなければいけない。

最短17cm。
近接撮影できるレンズはいい。
Carl Zeiss Flektogon 35mm F2.4を思い出す。


vespertide at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

October 08, 2013

「風に触れる」

風に触れる
DMC-GX7 with Voigtlander Nokton 25mm F0.95

台風が近づいているし、道路脇だから風が吹いている。 それらが止まった瞬間。


COSINA Voigtlander Nokton 25mm F0.95


マイクロフォーサーズ用レンズとしては重く、
GX7に取り付けた状態だとずっしりとレンズ側に傾く。
だからレンズの下からすくい上げるように左手を添えることになるのだけど、
だからこそマニュアルフォーカスと絞り操作がしっくりとくる。
カチカチという絞りリングの心地よさ。
フォーカスのぬるっとした安定感。
持つだけで構えたくなる。シャッターを切りたくなる。

とりあえず「夜」に由来するレンズ名「ノクトン」がかっこいい。


vespertide at 22:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

October 01, 2013

マイクロフォーサーズへ

P1080038-1
DMC-GX7 with Olympus 45mm F1.8

Panasonic DMC-GX7


中級一眼レフの中でも小型の部類に入るPENTAX K-5でさえも重いと感じるテイタラクと、
デジタル画像へと処理するのだから光学よりもEVFで画像を見た方が理屈に合うといった言葉もあって、
マイクロフォーサーズ系へとマウント移行。
PENTAXは変わらず好きなので、いろんな余裕ができたらKマウントへ舞い戻りたい。

GX7のEVFは本体の左側にある為、右目を押し当てた時に背面液晶に鼻の脂が付かない。
正直これだけでも結構な価値があるし、クラシカルなカメラはファインダーが左側にある印象なので、
GX7のデザインとして正しい感じがする。

Olympus M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8を付けて撮影。
今年発売されたブラックモデルは、GX7のシルバーボディとも良く似合う。

vespertide at 04:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)