photo

March 07, 2008

『ドアノー写真集 4 パリ郊外』

パリ郊外 ドアノー写真集 (4)

ロベール・ドアノー Robert Doisneau (1912-1994)
フランス・パリ郊外のジョンティイ生まれ、モントルージュ育ち。



一昨年に、同じくフランスの写真家であるアンリ・カルティエ=ブレッソンの企画展に行ったことを思い出すけど、それよりもずっと前から私はドアノーの写真が好きだった。
パリやその周辺に住まう一般の人々の雑多として混雑した極々普通の生活を、なんともユーモアたっぷりに写真という一瞬に閉じ込めている。京都で私がよく行くパスタ屋(兼ケーキ屋)には彼の作品でパブロ・ピカソを題材にした写真が大きく展示されている。下記リンクにあるので見ればわかるけれど、最初に「おや?」と思わせておいて、「ああ」とちょっぴり笑わせてくれる一枚だ。

彼はこんなことを言っている。
レンズは主観的だ。この世界をあるがままに示すのではない。私が気持ちよく感じ、人々が親切で、私が受けたいと思うやさしさがある世界だ。私の写真はそんな世界が存在しうることの証明なのだ


いったいどんな視線で彼はパリを、パリ市民たちを愛情込めて見つめていたんだろう。



今回購入したのは、すでに持っている第1巻「パリ」に続いて「パリ郊外」。2、3巻はちょうど見当たらなかったので飛ばしたけれど、ひとまずパリというテーマを通してじっくりこれから見ていこうかなと思う。



□参考
何必館 ロベール・ドアノー展
アンリ・カルティエ=ブレッソン展




vespertide at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)